General Incorporated Association FUOHKAI

一般社団法人

芙桜会®

「心の多様性と社会的包摂」

お互いを自然と受け入れられる社会を作ろう

General Incorporated Association FUOHKAI for the Promotion of Sexual Minority Understanding in Japan

"MIND DIVERSITY AND SOCIAL INCLUSION" Creating a society that accepts each other as ordinary beings.

bnr01.jpg

ABOUT US

わたしたちについて

一般社団法人芙桜会®

(ふおうかい・General Incorporated Association FUOHKAI for the Promotion of Sexual Minority Understanding in Japan)は、次の理念を掲げ、2020年1月より活動しております。​

1.

性的指向・性同一性に対する理解の増進を図り、誰もが個人として尊重され、自分らしい生き方を貫けるフラットな社会を実現する​。

2.

「社会の一員として、社会にどう貢献できるのか」を考え、当事者の直面する様々な課題に対し、積極的に取り組む。

主な活動

可能性を切り拓き、共に成長・発展し、そして、未来にバトンをつないでいく

イベント

「つどい」からパレードまで・・・性的マイノリティや多様性に関するイベントや催し物の開催、そして、関連コンテンツの提供を行います。

photo01.jpg
photo02.jpg

講演・気づき

企業での勤務経験を活かし、「生きる・暮らす・働く」「理解する・共に生きる」性的マイノリティに関する様々なテーマを取り扱います。

支援

「お悩み相談」や支援活動など、当団体の使命を念頭に、「性的マイノリティとして、社会の一員として、社会にどう貢献できるのか」を考え、当事者の心に寄り添った活動を行います。

photo03.jpg
photo.jpg
logo03.png
 

活動ポイント

Point 1

「性的な部分」からの解放

Freedom from the "sexual orientation and/or gender identity"

“少数だ”と考えられているのは、性的な部分です。しかし、それは、心のありようのひとつに過ぎないのではないでしょうか。まるで、"わたしという存在"が異質なのだと思い込んでいるのかも知れませんが、そうではありません。性的な部分が他人と違うから不幸だとは必ずしも言えない現実がある以上、社会において少数とされる性的な部分を殊更に意識せず、自分の人生をもっと自由で開放されたものにするべきです。なぜなら、人間としての自分は誰とも違いはなく、今、この瞬間はただ、性的な部分での差異を意識しているに過ぎないのですから。

It is the sexual orientation and/or gender identity that is considered "a few". However, isn't it just one of the ways of the mind? You may have the illusion that you are not normal, but that is not the case. Since there is the reality that it is not always unfortunate because of the different sexual orientation and/or gender identity from others, it should make one's life more free and open without being particularly conscious of the sexual orientation and/or gender identity that is considered to be a minority in society. Because, as a human being, you are no difference from anyone, and at this moment you are just conscious of the difference in the sexual orientation and/or gender identity.

Point 2

社会の一員として暮らす

Living as a member of society

人は、一人では生きられません。一生をかけて、他人との関係性、そして、その総体としての社会で生きていくのです。自分は変わる必要はなく、社会が変わるべきだという主張もありますが、社会は簡単には変わりません。社会を変えたいのならば、まずは自分が自在に変化することが不可欠ではないでしょうか。性的な部分が少数とされる人に限ったことではないのですが、自ら、社会を逸脱し、不必要に異質な存在になることがないよう、この社会に溶け込み、一人の人間として地に足を付けた生き方をするしかないのです。

A person cannot live alone. Throughout the life, we will live in a relationship with others and in the society as a whole. Some argue that you don't have to change and society should change, but society doesn't change easily. If you want to change society, it is essential that you change freely. It is not limited to those who have the different sexual orientation and/or gender identity that is considered as “a few”, but as a member of the society, as a human being, so as not to deviate from the society and become an unnecessarily abnormal existence. I think that there is no choice but to live with feet on the ground.

Point 3

自分が今、生きていることに誇りをもつ

Be proud of being alive now

生きる限り、辛いことや悲しいことに、心を痛めることの連続でしょう。しかし、それはあなただけに起こるのでしょうか。人が悩むのは当たり前のことです。そして、誰しも、何らかの目的や目標を持ち、不条理と理不尽の連続の中で、今を懸命に生き、そして、たまにある「良いこと」に幸せを感じています。他人と違うことに悩み苦しむのではなく、違うということに誇りを持つべきです。そして、誰もが違っているものを持っていることを理解し、互いの違いを尊重し合い、共に生きていくことが今を生きるということだと考えます。

As long as you live, it will be a series of painful and sad things that will hurt your heart. But does it only happen to you? It is natural for people to worry. And everyone has some purpose or goal, lives hard in the midst of absurdity and unreasonableness, and feels happy with the occasional "good things”. You should be proud of being different, not suffering from being different from others. And I think that living in the present is to understand that everyone has different things, respect each other's differences, and live together.

bnr02.jpg

代表紹介

SATOSHI KONDO

近藤 聡

1974年大阪府大阪市生まれ。小・中学校の9年間、性的マイノリティであることを理由にいじめを受けた経験がある。甲南大学法学部卒業後、エールフランス国営航空(当時)に入社。2006年6月28日にカミングアウト。2020年1月芙蓉桜花性的マイノリティ連合会(当時)設立、2020年11月より一般社団法人芙桜会代表理事。

Satoshi Kondo was born in Osaka in 1974, had been bullied for nine years in elementary and junior high school because of the different sexual orientation from others, and joined Air France after graduating from university. Coming out took on June 28, 2006. In January 2020, he established Fuyo Ohka Sexual Minority Association (at that time), and has been the representative director of Fuohkai since November 2020.