• 一般社団法人芙桜会 | FUOHKAI

女性スペースを守る会に教えてもらったこと

女性スペースを守る会ーLGBT法案における『性自認』に対し慎重な議論を求める会ーが2022年6月8日付で、

「2022年政府の『骨太の方針』決定に関して。-大きな一歩」

と題し、政府が6月7日(火)に、

「経済財政運営と改革の基本方針2022 新しい資本主義へ~課題解決を成長のエンジンに変え、持続可能な経済を実現~」(骨太方針2022)

を閣議決定した中で、性的マイノリティに関する方針に関し、大きな変更があったことを報告しています。


 それによると、

(引用初め)

従来「性的指向、性自認に関する正しい理解を促進するとともに、社会全体が多様性を受け入れる環境づくりを進める。」とあった冒頭部分が「性的マイノリティに関する」と変更されました。

(第2章 新しい資本主義に向けた改革→ 2.社会課題の解決に向けた取組→(2)包摂社会の実現→(共生社会づくり)の文中)

 性的指向という単語については問題なく、議論は「性自認」についてだったと聞知しています。すなわち「性自認という単語を外しての、正しい理解を促進する」という変化です。

(引用終わり)


 これは、同会によると、自民党が午前の総務会で、公明党が常任役員会で了承したうえでの決定だそうで、


(引用初め)

何よりもこれら情報や女子トイレの「利用公認」となることの不安につき、多くの人が、様々な裏付けを示しつつ届け続けたことによります。私どもの会を初めとする多くの市井の女性たち、性別不合当事者を含む性的少数者からの直接の声が届いたのです。従前のLGBT運動団体の要請は性的少数者の代表としての声ではないという訴え、女性の権利法益を忘れないでという声が届いたのです。

(引用終わり)


と、この変更を歓迎する旨、述べておられます。


 私は、この変更をみて、「なぜ、このことに気が付かなかったんだろう」と自分を恥じました。

 私が何について、自分を恥じたのかというと、「いったい、何の差別や不当な取り扱いについて、考えてきたのか。それ自体が本質を正しく捉えていないものだった。」ということに、今更ながら、気が付いたことです。


 芙桜会では、Gender Identityの邦訳としては、Identityの語源に立ち返れば、第三者の客観的視点が必要であること、そして、性同一性障害を考慮すると共に、アメリカ精神医学会や国連の解説も踏まえると、「性同一性」がふさわしいと判断し、性同一性及び性的指向に関する理解の増進や、それらに対する差別の解消を目指すことを理念に掲げて活動してきました。


 しかし、性的マイノリティに関する用語の意味が確立されたものではないこと、つまり、後付けで意味を書き換えられてきた、及び、今後も書き換えられる可能性があるという事実を踏まえれば、不確実・不確定であるものに対する差別や不当な取り扱いとはいったい何なのか、という素朴な疑問が湧いてきました。


 現に、性自認やトランスジェンダリズムについての問題提起は、一部の人間だけに偏ったものではなく、広く、特に女性に認知され、それ故に活発な議論がなされていることが、不確実、不確定なものに対する差別や不当な取り扱いを議論することが出口の見えない、決して妥協点を見出すことが出来ない、非常に緻密で慎重且つ、誠実な議論を必要とするものであることを証明しています。


 私はようやく、概念である性自認・性同一性や性的指向に対する差別や不当な取り扱いの解消を訴えてきたこと、これ自体が不自然であると気が付いたのです。


 何が差別や不当な取り扱いとして許されないのか。


 それを純粋な気持ちで考えれば、「性的マイノリティという『人』に対する差別や不当な取り扱い」が問題であり、概念というものは、ジェンダーに代表されるように、社会軸、時間軸でいかようにも変わり得るものであること、それに加えて「性自認」「性的指向」「トランスジェンダリズム」等、非科学的なものは、それ自体が誤りであると後世で認められる可能性もある代物だと言って差し支えないはずです。


 だからこそ、”概念”に対する差別や不当な取り扱いを問題視しても、解決することは未来永劫ない、ということなのです。


 私たちは、何に悩み、苦しみ、悲しみ、そして、憤り、助けを求めてきたのか。

 それは、「自分の存在が認められないこと」であるはずです。

 概念という、形があってないようなモノが社会に認められないことが問題なのではないのです。

 自分が苦しんでいること、それは、概念で置き換えて解決するものでは決してありません。

 

 私は今、ここに存在し、生きている。

 この社会で生きなければならない。


 必要なのは、”わたし”という存在を、特別なもの、特殊なものと扱われるのではなく、あなたと同じ一人の人間として認められ、自分の人生を生きられることなのではないでしょうか。


 正直なところ、自分は性的マイノリティの問題を分かったつもりになっていたと、恥じ入ったのです。


 当会は、これを機に、理念を初めとした活動の根幹たる考え方を、概念ではなく人として性的マイノリティについての理解の増進及び、差別や不当な取り扱いの撤廃を目指すものに変更致します。


 正直なところ、女性スペースを守る会が今回の発表をなさる前に、自分で気づくべきだったのですが、この、とてもプリミティブにもかかわらず、本質的なものに気づかせていただいたことに、感謝致します。


 これからの芙桜会の活動に、引き続きのご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示