• 洪均 梁

芙桜会が提唱する「心の多様性と社会的包摂」とは ②

更新日:2021年3月24日

皆様、ご機嫌いかがですか?

今回は、芙桜会が提唱する「心の多様性と社会的包摂;MIND DIVERSITY AND SOCIAL INCLUSION」について、二回に分けて、お話しさせていただく、その最終回になります。

「連帯すること」を意味する “LGBT” という言葉の問題点

先にも述べたように、LGBTの問題は、思想信条やイデオロギーの問題ではありません。

当然ながら、病気や趣味の問題でもありません。

ただ、著名なLGBT活動家やその支持者が、「LGBTは連帯を表す言葉であり、カミングアウトもできない奴はGでもない」と言って憚らないことや、女性同性愛者が約1年半にもわたって、一方的に差別主義者だと断定した理由も明確にされず、事実確認もないままに、まるで、(LGBT活動家やその支持者らが)「何が差別であるか」ということを主観的な立場から恣意的に判断し、差別行為を行ったとする者(この女性同性愛者)に対して抗議を行っているのだから、彼女がこれに異議を述べたり、事実の是非を争うこともできないとでも言うかの如く、「トランスフォビア(トランスジェンダーを差別する人間、という意味)」などと一方的にレッテルを貼られ、集団によるネットリンチに遭い、更には、こちらもやはり事実確認も不十分なままに、インターネット上でその女性のトランスフォビアだと主張する発言等をまとめた、一方的内容で根拠に乏しい記事が、“とあるサイト”に載せられるなど、LGBT運動が本来の活動から外れて、むしろ人権侵害の可能性のある、常軌を逸した活動がをすることにより、「LGBTは怖い」という意識を一般に植え付け、人々が日常生活においてLGBT問題に関して自由な意見交換をすることを差し控えさせてしまっているのを見るにつけ、LGBT運動は性的マイノリティのための運動ではなく、一部の活動家や支援者らの理想を現実化するための手段、つまり、「何かを勝ち取るための手段としてのLGBT運動」になっているのだと、はっきりとわかるようになりました。

これは、「法よりも正義」の暴走でもあると言え、非常に危険な兆候であると思います。

もし、過激化並びに先鋭化したLGBT運動家やその支援者らが、“法よりも正義である”と言うのならば、「“自分の正義”こそ正義である」という考えになることも無理もないことと思いますが、それは、「“他人の正義”も正義である」という考えも同時に存在しなければ、成り立たないことになりはしないでしょうか。

“正義”というものがそれぞれの心の中にあるとするならば、正義に優劣はないはずです。

まさか、“LGBTにおける正義は一つ“とでもおっしゃるのでしょうか。

“自分の正義”が人それぞれにある限り、互いの正義を尊重し合うことはもとより、自分の正義のために他人の正義を犠牲にすることがあってはならないと私は考えますが、読者の皆さんは如何お考えになりますでしょうか。

さて、これに関連することですが、反社会的であったり、反政府の立場をとる団体との関係が取りざたされるLGBT活動家の存在を問題視する性的マイノリティは少なくありません。

「いったい、誰のためのLGBT運動なのでしょうか。」と問うた時、日本におけるLGBT運動は、性的マイノリティのための運動ではなく、LGBT活動家のために性的マイノリティが利用されている運動に墜落したと言わざるを得ない側面があります。

何度も言いますが、LGBT活動家やLGBT団体というのは、なにも、我々性的マイノリティがお願いをして、活動してもらっているのではありません。

彼らが自分の意志で始めたことなのです。

もちろん、純粋な気持ちで、「LGBTたる自分が、なんとかしなければならない」と頑張っている人はいらっしゃいますから、全てのLGBT活動家やLGBT団体を否定するつもりは毛頭ありません。

しかし、自分の意志で始めた以上は、活動家でも何でもない「一般の性的マイノリティ」を頂点とするヒエラルキーの中で、常に一般の性的マイノリティのために貢献しなければならないのは明白です。

なぜなら、性的マイノリティの当事者の大半がセクシャリティを隠して生きている「クローゼット」である現実をも踏まえれば、暴走したLGBT運動により、性的マイノリティとそうではない人々との間の溝を深めるような事態を、クローゼットであるかどうかにかかわらず、誰一人として望んではいないからです。

本来いがみ合う必要のない人々といがみ合って、何が得られるというのでしょうか。

特に、「穏やかに、静かに生きていきたい」と願っている当事者からすれば、暴走したLGBT運動は迷惑以外の何物でもないと言って、差し支えないでしょう。

芙桜会も、LGBTでもある私が、過激化したLGBT活動家の“暴走“の被害を受けた経験から、「個人では、組織化したLGBT活動家やその支持者らに対応するのは難しい」と考えたことも、設立の理由の一つであります。

LGBT活動家やLGBT団体と同様に、誰に頼まれたわけでもなく、私が自分の意志で始めたことです。

私は、性的マイノリティの更なる幸せを実現するためにも、「和を以て貴しとなす」「差別や偏見に苦しんでいる自分が、今度は差別や偏見で誰かを傷つけてしまわないように生きよう」という初心を忘れず、思想信条の中立性の確保に努め、虚心坦懐に活動を続けていく所存です。

ひとりではなんともならないことも、皆で協力すれば出来ることはたくさんあります。

芙桜会が、ひとりではなんともできない人々の拠り所になれるよう、一層努力を重ねて参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

芙桜会の提唱は心のありようである

© 2020 FUOHKAI Federation of the Promotion of Sexual Orientation and Gender Identity Understanding in Japan / All rights reserved. 「差別だ、偏見だ」と一方的に非難し発言を責めるだけの行動からは、次につながる新しい関係は構築できません。 怒りや許せないという激しい感情が、もつれとなり心に深い溝を作ることに、強い懸念を抱きます。 差別・偏見を利用するなどもってのほか。 当事者や当事者団体の話に真摯に耳を傾け、知識を深めると共に共感を強くし、行動してくださっている「善意の第三者」を裏切ることがあってはなりません。 相互理解を深めていく過程では、不適切な発言もあるでしょう。しかし、当事者は過剰に反応することから、距離をとる必要があります。 我々に対する理解が広がるのには、時間が掛かりますが、人の優れた知恵、叡智で乗り越えていけるのは間違いないと思います。 話は変わりますが、私は、地方に住む性的マイノリティの生きづらさを何としても解消したいと思っています。 解消するにはまだまだやるべきことが山積しているかもしれませんが、それでも、少しずつ生きづらさを軽くする一助になりたい。 なぜなら、彼らは私の30年前の世界を生きているからです。 「生まれた境遇や身体的状況によって差別や偏見がなされてはいけない」と先にも申し上げましたが、東京に住む性的マイノリティがこの世の春かの如く、自由に生きている(かのように見える)その時にも、生まれ故郷のコミュニティや家族に縛られ、自分を押し殺して生きていかざるを得ない人がごまんといるのが現実です。 例えば、

  • 性的指向や性自認についての否定的な言動によるストレス

  • 男性・女性という二つの性しか存在せず、そこに当てはまらない自分についてのストレス

  • カミングアウトを求められすぎるストレス

  • 性的指向や性自認についての誤解や無理解によるアウティングに対する不安からくるストレス

など、我々性的マイノリティの課題は、地方においては更に深刻なものであり、

  • セクシャリティが公になれば、コミュニティから孤立し生きていけなくなるかもしれない恐怖からくるストレス

も、依然として強く存在するものと考えられます。 そんなことを徒然と考えているうちに、私は、様々な要素を踏まえると、性的マイノリティの問題は、もっと心に着目したものとして考えるべきであると考えるようになりました。 人はそれぞれ、自分の信じるところにより、価値観、愛、美学を持っています。 それを拠り所にすることで、複雑化し難解なものになってしまった「我々自身」をもっとわかりやすく、極度に深刻なものにならないように出来るのではないかと考えます。 そしてなにより、性的マイノリティの問題のみならず、この社会において無理解や誤解からくる偏見や差別に苦しむ人々をも、そのストレスを軽くすることが出来る考え方なのではないか、と思うのですが、読者の皆さんはどう思われるでしょうか。 冒頭にも申し上げましたが、「心の多様性と社会的包摂;MIND DIVERSITY AND SOCIAL INCLUSION」は、万人の心の中に確実にあるものです。 ただ、その存在を忘れてしまっていたり、自分の心の中にはないと思い込んでいるに過ぎないのだと思います。 ささやかではありますが、「心の多様性と社会的包摂;MIND DIVERSITY AND SOCIAL INCLUSION」に対する共感が広がり、より良い社会の実現に貢献できれば、これ以上の幸せはありません。 (2020年8月13日 初稿)

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示