• 洪均 梁

PrEPについて考えてみよう ②

更新日:2021年3月24日

今回は、「PrEP(プレップ;Pre-Exposure Prophylaxis(暴露前予防投与))について私の意見及び提言を述べる、2回目になります。 脚注:本文内では、エイズウイルスという言葉を「エイズ感染症(後天性免疫不全症候群)を引き起こす様々なウイルス」という意味で、使用します。 また、ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)については、「HIウイルス」と表記いたします。 最初に 改めて申し上げますが、エイズウイルスにかなり効く新薬が開発されてきたことは、人類の進歩であり、いつかきっとエイズ並びにHIウイルスに人類が打ち勝つ日が来ると、私は信じています。 そして、エイズウイルスの陽性者となり、AIDSで亡くなっていった大勢の人々の魂が浮かばれるためにも、そして、今、エイズウイルスと共に生活をしている皆さんのためにも、PrEPに興味本位で手を出そうとしている方々が、本質的なことに気づくきっかけに、この記事がなれたら、幸いだと思います。 もし、PrEPをしてみたいと思うのでしたら、PrEPをするために行動する前に、一度、「エイズ予防情報ネットAPI-Net」の電話相談で、話を聞いてみることをお勧めします。 フリーダイヤル:0120-177-812 携帯電話: 03-5259-1815 受付: 月~金 10:00~13:00, 14:00~17:00 PrEPとはなにか PrEPは、

  • エイズウイルスの感染を予防する、HIV/エイズ予防法の新しい選択肢ではない

  • ゲイ・バイセクシュアル男性(トランスジェンダーを含む)の性の健康を支援しない

  • エイズウイルスの陽性者になるリスクからあなたを守る完全な方法ではない

のです。 私からすると、PrEPを推奨するような団体や個人は、他人の体や健康のことを真剣に考えていない、不誠実な存在で、且つ、無責任に、快楽へ誘っているように見えます。 そもそも、厚生労働省はPrEPを認可していませんし、複数のサイトや団体が「HIV先進国では」と言って参照している、イギリスでさえも、PrEPを認めていないのです。 PrEPをさも “予防” 出来るかのように書き立てている団体がありますが、その説明の仕方は、読み手をミスリードし、誤解を与えるものではないでしょうか。 「すでに体内に存在するエイズウイルスをこれ以上増やさない」という表現なら、予防の説明として許容されると考えられるとは思いますが、「エイズウイルスに罹らない」という意味での予防なら、薬事法など、法律にも引っかかる大問題ではないのかと大変憂慮致しますが、そこのあたりはどうなのでしょうか。 PrEPをしたとしても、エイズウイルスを0.00001%でも罹ってしまう可能性があるのですから、体、命にかかわる以上、人を惑わし、「生き地獄」に叩き落すようなことは厳に慎んでいただきたいものです。 また、PrEPをし、病院で定期的に検査を受けるというのは、新薬開発のための実験に参加する、つまり、治験です。 そもそも、健常者は、HIV関連の薬を服用する必要がないのです。 我々が考えるべきは、エイズウイルスが体内に入ってくるようなSEXをどこまでリスク回避出来るかであって、PrEPをすることでハイリスクなSEXをしても構わないかのような雰囲気が、特にゲイのコミュニティの中に醸成されていることには、疑問を禁じ得ません。 広く知られていることではありますが、エイズウイルスには複数のタイプがあり、それに合った薬の組み合わせを担当のドクターが細心の注意を払って処方しているのですから、そもそも、個人の判断で正しく服用できるわけがないのです。 それに、副作用も忘れてはなりません。 エイズウイルス陽性者の皆さんが副作用に苦しんでいるものを、素人が個人輸入して服用するなんて、危険極まりないと言わざるを得ないのではないでしょうか。 正直なところ、PrEPは素人には扱いづらいものだと言えるのではないでしょうか。 エイズウイルスの陽性者である私の友人も、エイズウイルスを抱えている以上、肺炎、他の病気との合併が怖いと言います。 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない今、大変ストレスを感じる日々を過ごしていることは明らかです。 彼の場合、主な副作用は、よだれが出る、めまい、吐き気、震え、目が黄色になること、で、副作用が認められる間は、本当に苦しいのだそうです。 また、新薬は研究が進むにつれ、製品化されてくるのですが、大体5年毎に服用する薬の内容を変えるそう。 ということは、服用する薬を変える毎に新たな副作用にも悩まされることになるのだそうです。 そして、薬を変えると、2週間程度は、副作用に悩まされるとのことで、それが本当につらいそうです。 こういった現実を、PrEPをする前に知り、「自分が手を出そうとしていること」がどういうことなのか、しっかり、自分の命や体のために、考えていただきたいと思います。 PrEPを推奨する団体の狡猾さ PrEPを推奨する団体に共通しているのは、はっきりと「感染しません」「感染しても、治ります」とは、言っていないことです。 PrEPを紹介はしているけれど、誰もPrEPを推奨していないし、責任も負っていません。 PrEPは、まぎれもなく、それをする人の自己責任になっているのです。 「自己責任で行うのには問題がない」というのは、裏返せば、本人の選択である以上、もし、万が一何か健康上の問題やエイズウイルスに感染したとしても、自己責任なのだから、あなたが責任を取るということです。 仮に、「サイトを信じてPrEPしたのに、エイズウイルスの陽性者になってしまった」というように、何か問題が生じたときに訴えても、「そのエイズウイルスにいつ、どこで、どういう行為をしたから感染した」ということを証明することが、そもそも出来ないのですから、「あなたの自己責任です」で終わってしまう・・・PrEPをさも、エイズウイルス感染を防ぐ救世主かのように装わせている元凶は、これだと考えてしまうくらいに、ずるい。 そして、PrEPの購入は、あくまでも使用する人が自分の意思で手配するのですから、国への救済制度も求められません。 あなたがもし、腎臓など身体に致命的な障害が残ったり、エイズウイルスに感染した場合に、 「情報は確かに提供しましたが、勧めてはおりません。PrEPをすると決めたのは、あなたでしょう?あなたの責任ですよ。私たちの責任ではありません。」 と言われて、納得できるでしょうか。 私だったら、悔やんでも悔やみきれないことでしょう。 私と友人の、HIVにまつわる話 私が、友人とPrEPについて色々と話をするなかで、エイズウイルスの陽性者にならないよう、その啓発の意味も込めて、友人の許可を得て、Q&A形式でご紹介することにしました。 ご協力いただいた友人に感謝申し上げます。「ほんとうにありがとう。」 1.エイズウイルスの陽性者になって、経験することは何ですか 感染初期、掌に発疹が出たり、怠さがあった。保健所で調べてもらい、感染判明。 指示によりHIV拠点病院へ。 あらゆる調べを行い、通常の生活を3ヶ月。気持ちは怖かった。HIVに関する本を読んでも、どこか他人事に思えたから。 指定月に病院へ。検査結果、CD4の周知が投薬開始ラインに。そして、自分のライフスタイルにあった投薬開始。 嘔吐、めまい、震えから感染するような行為を行った自分に深く腹が立ったが、私は主治医、カウンセラー、ソーシャルワーカーに恵まれ、HIVのことで深く落ち込むことは無かった。 この病を受け入れたこともメンタルが落ちなかった理由なのかもしれない。 2.HIV治療薬は今まで何種類(同時に)服用してきましたか 最大5種類。現在3種類。合わない薬無し。 3.HIV治療薬の一か月にかかる費用を教えてください ※住んでる地域によって負担額の差あり 68万円(診察、薬代込)。 ここから、国民健康保険または社会保険+自立支援医療が負担してくださり、自己負担は1万円に。 4.HIV治療薬の副作用を教えてください ※個人差あり 白目が黄色に。嗚咽、痺れ、眩暈、下痢、ネガティブになりやすい。 5.何年かに一度、薬を替えることがあると思います。薬の切り替えで経験することは何ですか 主治医に言われて飲み、次回の受診で主治医、カウンセラー、ソーシャルワーカーに結果報告を行うこと。 6.薬を飲んで辛いこと、また、飲み忘れたり、失敗したことを教えてください 一度もありません。生活のルーティンになっているので。 心掛けたのは『飲まなきゃいけない』という思いにしなかった。 あくまでも生活必需品的な感じで飲んでいます。 7.「検出限界値未満」になったことはありますか? そこまでいくために、どんな苦労というか、患者として実行しなければならないことがありますか (検出限界値未満:効果的な抗HIV治療を受けて、血液中のHIV量が減少し、器機で検出出来ない状態のこと。但し、完全にエイズウイルスが血液中から消滅したことではない) 限界値になったことは一度もありません。 ただし、主治医のアドバイスを守るように努めています。 暴飲暴食しない。睡眠をとる。自分の時間を大切にする。カウンセラー、ソーシャルワーカーと面談し、メンタルケアを行う。 8.HIV治療での困りごとや悩みごと何でしょうか 引っ越しの度にHIV拠点病院をソーシャルワーカーに探していただき、障害手帳等の書類変更を役所で行うなどの作業があること 9.エイズウイルスの陽性者として、白い目で見られたり、友達が離れて行ったりしたことはありますか 僕の場合、ゲイであることのカミングアウトと同じで差別はなく、逆に講演などの依頼があったほど。最終的には当人の人間性や他の方との関わりによって違うかなと。 10.HIVウイルスを他の人に感染させたいと思ったことや、自暴自棄になって感染後も高リスクなことをしたことはありますか。また、それを経験して、命や人生に対し、どんな考えになりましたか。 あります。

  • 他の病気との合併症になり、入院生活が長くなり、元気に生活出来なかったらどうしよう。

  • 恋人が出来て、カミングアウトして別れをきりだされたらどうしよう。

命に関しては、感染し、治療+投薬と主治医、ソーシャルワーカーに支えていただき、両親、友人らにカミングアウトしても変わらず接していただいているので、「無駄にしてはいけない」と心に強く思い生きています。 この命は私一人のものではないから。 11.HIVに感染して、色々と思うことがあると思います。 A. 感染が発覚した直後から今の感覚になる前まで 恋人が出来た時にカミングアウトすることの恐れ B. 今 HIVになり、客観的に自分を見つめることが出来て良かった。 病だけど、死ぬまで付き合っていく友達に思っている。 C. 将来 エイズウイルス感染者が減ることを願うばかり 12.エイズウイルスに感染する高リスクな行為をする人がいます。何か伝えたいこと、訴えたいことはありますか 感染した後の投薬は、慣れるまでが副作用などツライことが、待っています。 あと、HIVは死に至ることがかなり減った病気になりましたが、昔と違って障害認定が認められにくくなりつつあります。そうなると高額な医療負担が待っているかも知れない。 ですから、健康であることが一番ですよ。 13.PrEPについて、ご意見をお願いします 投薬されている当事者の負担が減るなら嬉しいが、PrEPにしても錠剤にしても、今後、HIV感染予防薬が出来たとしても、体内に薬を入れることには、副作用がついてまわる。 そして、あくまでも予防。 あなた一人の体ではない。 あなたの友人、家族・・・。 あなたに想いを寄せる人のことを忘れず、自分のこととして、薬に頼らない、正しいことを行って欲しい。 (2020年9月8日初稿・9月17日修正)



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示